treat

bind_11.jpg

ホリスティック施術(セッション)

カイロプラクティック、キネシオロジーを中心におもに身体の症状を中心に見させていただきます。患者様の声と、身体の声を訊きながら疲労部分、気の滞っている箇所、対策を要する部位をみつけフィードバックしてゆきます。必要に応じてフラワーエッセンス等のサポートを行います。

ホリスティックカウンセリング

当院には、精神的な悩みを抱えて来院される患者さんが大勢いらっしゃいます。その種類は千差万別で、なんとも説明のつかない原因不明のものや、難病、家族関係、男女関係、親子関係、個人的問題等々、家族を含め、決して人には言えずにひた隠しにしてきたものなど、ありとあらゆる問題を患者様の深層意識と会話しながら、カウンセリングをすすめてゆきます。もちろん完全な守秘義務をもって対応させていただいております。

セッションアプローチ
下記に挙げた手法を含めた数十種の古今東西のあらゆるアプローチを患者様のお身体に訊きながら使います。

kine.jpg

キネシオロジー(SKS、AK、TFH、3in1、PKP、 等)

 筋肉の反射を利用して、身体の不調、ストレス感情問題、栄養のバランス、周囲の環境状態を調べます。中国医学に於ける経絡の滞りを見つけ出し、エネルギーのアンバランスを調整するテクニックです。当院では、遠隔で深層意識とコミュニケーションをとるSKSをメインに用いています。



bachs.jpg

フラワーエッセンス

身体に現れてくる症状は、普段の皆様の考え方の傾向や、ストレスが慢性化することにより生じているケースが圧倒的に多いといえます。当センターでは、イギリスの内科医、エドワードバッチ博士により発見された、花の波動によるストレス解消療法、バッチフラワーエッセンス。リラ・デイビー・ストーン氏のバッチ博士に次いで2番目に歴史のあるマスターズフラワーエッセンス、他各種レメディを使用し、人体のエーテル層からのアプローチを行います。

home.jpg

ホメオパシー

19世紀の初頭にドイツの医師ハーネマンによって確立された医療体系のひとつです。日本では同種療法と訳されており、まだ歴史は浅いのですが、ホメオパシー医師(ホメオパス)の処方するホメオパシーは200年以上の歴史を持ち世界中に普及しています。
 ホメオパシーでは、身体の症状は自然治癒力の現れであると考え、薬を使って症状を抑えるのではなく、その症状を刺激することで人間が本来持つ自然治癒力を助長させる方法を採っています。
 症状を刺激する薬は、植物、鉱物、動物といった自然のものからなり、副作用がありません。妊婦や新生児にも安心してつかえる療法です。

kousen.jpg

カーボン光線器

光線療法は、人工的に光を発しその光を直接素肌に浴びることで、人間が持っている本来の”免疫力”を最大限に引上げる療法です。
 太陽光線の有害な部分を取り除き、可視光線領域、及び、近赤外線、近紫外線の一部領域を使って、皮膚、内臓等に関する症状、慢性症状に対し、広く貢献してきた歴史を持つ療法で、副作用もなく生命力の活性化を促します。 光線器はデンマークのフィンゼンが1893年に初めて太陽光線と同じ連続スペクトルを強力に放射するカーボン灯を発明し、その研究と功績から1903年にノーベル医学生理学賞を授与されています。