電話

042-684-9445

Mail

info@g-yard.com

営業時間

10:30~21:00(最終受付19:30)

グリーンヤードキュアセンター院長、二和 俊一朗です。

 私はこれまで波動やエネルギーといった人間をとりまく目に見えない世界を研究テーマに活動を行って参りました。ホリスティック施術院とは、いったい何をするところなのかと疑問をお持ちの方のために、まずは説明させていただきたいと思います。

ホリスティックという言葉は、ギリシャ語が語源となっていて「全的な」「まるごと」といった意味を持っています。

症状を部位別に分けることなく、文字通りトータルに見るという考え方ですから、内科、耳鼻科、神経科、泌尿器科、歯科、精神科、眼科というカテゴリー分けがありません。さらには、西洋医学、東洋医学、波動医学、代替療法、ヒーリングといった様々な医療体系を可能な限り臨機応変に取り入れ、各分野の専門家と協力の上、必要に応じて柔軟性を持って委任します。どれかが良いというものの見方ではなく、どれもがあるレベルでは有効であると考えています。

外的要因によるもの、心因的なもの、エネルギー(波動)要因によるもの、霊的要因によるもの等、死角のない形でのアプローチが当院独自のホリステック療法だと言えるでしょう。実際、当院には「どこに行ってもわからないと言われた」方が全国からお見えになります。さらには、医療機関に行っても仕方がないと皆様が考えていらっしゃるテーマ、例えば、人生が楽しくないとか、家庭生活が上手くいっていないとか、家系に不幸が多いといったものの相談が年々増加しています。

初回来院時は、じっくりとお話しをする機会を設けて、かなり踏み込んだ形での問診をさせていただいています。というのも、患者様の考え方や、生活パターン、ご職業、ご家族構成などが、症状や環境と密接な関わりをもっていると考えるからです。

患者様の中には、症状のみを改善されていくのではなく、生き方や在り方を変え、生活、ひいては人生そのものが愉しく満ち足りたものになるように、通院中に意識を変えていかれる方が多くいらっしゃいます。

精神的なもの
強いトラウマを抱えた方、現在、過去の生活環境による抑圧から脱したい方、感情が大きく揺さぶられている方、無気力になってらっしゃる方、家庭不和、出社拒否、登校拒否、離婚、不倫など。
肉体的なもの
あらゆる感覚器、皮膚、筋肉、骨格の障害、内臓疾患、難病等。

もし、上記のように症状を振り分けたとしても、当院のセッションでは、その症状に至った明確な理由が明かされます。結果として、たまたま風邪になったり、怪我をしたりということではなかったことに気付くことになります。

患者様の身体が伝えてくるメッセージを、これまでに一万人以上取り上げフィードバックして参りました。身体が伝えるメッセージを皆様にお伝えしながら、多くの患者様より感謝のお便りををいただいております。

ホリスティックという言葉自体、まだまだ聞き慣れない言葉かもしれませんが、
今までとは全く違った切り口で身体の症状を見てみることも有効かもしれません。

長年患ってきた症状や変えることの出来なかった環境を克服されている方も大勢いらっしゃいますので、あきらめないでくださいね。再び、力強く人生を歩み始めるためのサポートを全力でさせていただきますので、まずは一歩踏み出してみて下さい。

原因不明の症状、心の病等でお困りの方は「無料相談メール」で状況を教えていただきましたら、追って返信致します。開発目覚ましい、相模原は橋本駅前に生まれ変わったグリーンヤードキュアセンターにて皆様とお目にかかるのを楽しみにしております。

 プロフィール
 大学在学中にアメリカに渡り帰国後卒業。国内メーカーにて営業を担当した後、中国広東省広州に渡る。中国珠海にて日系企業に勤務。品質管理、人事、通関、監査業務等を担当。帰国後、外資系商社勤務。営業、通訳担当。後にカイロプラクティックの門を叩き、インターンを経て複数の施術院にて勤務。施術院にて副院長を経た後、グリーンヤードキュアセンター院長。シュタイナー小学校にて専科教員を担当。認定カイロプラクター。訳書に、ゴータマチョプラ著「夜明けの子供」風雲舎刊がある。


夜明けの子供―賢者と、富と幸福の秘密 Gautama Chopra CHILD of the DAWN

 <略歴>・米国ライフウエストカイロプラクティックカレッジ人体解剖学プログラム修了・JCDC認定カイロプラクター・元横浜シュタイナー学園専科教員・日本ホリスティック医学協会専門会員
<メッセージ> 人生を豊かに楽しく過ごしていこうと思うならば、今頭の中で考えていることが幸せな内容でなければ決して実現しないとは思いませんか。私は国内外の様々な症状をみさせていただいてきましたが、どの様な症状も思考と無関係ではないことに気付きました。私自身、毎年入院や怪我に悩まされていた時期がありましたが、どうすれば体の状態をコントロールできるのか、また体だけではなく、勝手に襲ってくる思考をどうすればコントロールできるのか、患者様と一緒にセッションを進めて参ります。心と体の苦しみを終わらせたいと痛感されている方に是非グリーンヤードの門をたたいていただきたいと思います。私の想いは、グリーンヤードに来られた皆様が、心身ともに健やかで、明るく前向きな気持ちになって明日からまた頑張ろう!人生を楽しもう!という気持ちになっていただくことです。
院 長 二和 俊一朗